Hatena::Grouptech

id:rx7(@namikawa)の技術メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

過去記事一覧 | Main Blog (元RX-7乗りの適当な日々) | SBM (id:rx7のBookmark)

2016/07/05

PostgreSQLでインデックスの一覧を表示する

| PostgreSQLでインデックスの一覧を表示する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - PostgreSQLでインデックスの一覧を表示する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ PostgreSQLでインデックスの一覧を表示する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

# SELECT tablename, indexname, indexdef FROM pg_indexes;
トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20160705

2016/05/16

pg_basebackup コマンドによる pg_tblspc ディレクトリ内のシンボリックリンクの扱い

| pg_basebackup コマンドによる pg_tblspc ディレクトリ内のシンボリックリンクの扱い - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - pg_basebackup コマンドによる pg_tblspc ディレクトリ内のシンボリックリンクの扱い - id:rx7(@namikawa)の技術メモ pg_basebackup コマンドによる pg_tblspc ディレクトリ内のシンボリックリンクの扱い - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

結論から言うと、問題なくサポートされていてバックアップできた。


pg_basebackup のドキュメントの最後の注意書きには、以下の記載がある。

注意

このバックアップには、設定ファイルとサードパーティによりディレクトリに格納された追加ファイルを含む、データディレクトリとテーブル空間内のすべてのファイルが含まれます。 データディレクトリ内には通常のファイルとディレクトリのみが許され、シンボリックリンクや特殊デバイスファイルは許されません。

PostgreSQLがテーブル空間を管理する方式のため、すべての追加テーブル空間のパスはバックアップをリストアした時に常に同一でなければなりません。 しかし主データディレクトリは他の場所に設置することができます。

https://www.postgresql.jp/document/9.3/html/app-pgbasebackup.html

テーブルスペースの指定がある pg_tblspc ディレクトリ内にはシンボリックリンクがあるものだけど、

上記からはサポートされないような雰囲気が漂っていて、実際にやってみたら問題なくバックアップ対象となっていた。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20160516

2015/11/11

PostgreSQLで実行中のクエリの確認と停止

| PostgreSQLで実行中のクエリの確認と停止 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - PostgreSQLで実行中のクエリの確認と停止 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ PostgreSQLで実行中のクエリの確認と停止 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

MySQLでいう show processlist をどうやるのかというと、

# SELECT * FROM pg_stat_activity;

で見れる。

ここでは、 "procpid" がプロセスIDを指しているので、killしたい時は、

# SELECT pg_cancel_backend(プロセスID);

で停止できる。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20151111