Hatena::Grouptech

id:rx7(@namikawa)の技術メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

過去記事一覧 | Main Blog (元RX-7乗りの適当な日々) | SBM (id:rx7のBookmark)

2012/07/02

Fusion-io ioDrive Duoで"device busy."

| Fusion-io ioDrive Duoで"device busy." - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Fusion-io ioDrive Duoで"device busy." - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Fusion-io ioDrive Duoで"device busy." - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント


検証サーバにioDrive Duoを刺して触ろうとしていた時のこと。

早速、デタッチして一応フォーマットしようと思ったら、、、怒られる。

# fio-detach /dev/fct0
Detaching: [====================] (100%) /
Error: failed to detach /dev/fct0: device busy.

あぁ、"Fusion-io ioDrive2で"Failed to communicate with device."が出た時 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ - 技術日記"の時のパターンかなと思いきや、それも違った。


ちょっと調べると、、、おや?

# ls /dev/md*
md/    md127

見慣れぬRAIDデバイスが・・・。昔誰かが使った時に組まれたものっぽい。

# mdadm --detail /dev/md127
/dev/md127:
        Version : 0.90
  Creation Time : Thu Feb  2 11:13:34 2012
     Raid Level : raid0
     Array Size : 625001472 (596.05 GiB 640.00 GB)
   Raid Devices : 2
  Total Devices : 2
Preferred Minor : 127
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Thu Feb  2 11:13:34 2012
          State : clean
 Active Devices : 2
Working Devices : 2
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

     Chunk Size : 256K

           UUID : b734xxxx:b4b4xxxx:1fb1xxxx:91c5xxxx
         Events : 0.1

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0     252        0        0      active sync   /dev/fioa
       1     252       16        1      active sync   /dev/fiob

ほほう。Duoだからね。誰かが組んだんだろう。

# mdadm --manage /dev/md127 --stop
mdadm: stopped /dev/md127

というわけで、stopさせて、

# fio-detach /dev/fct0
Detaching: [====================] (100%) /

デタッチしましたとさ。ここから fio-format してスッキリ。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20120702

2012/06/30

Fujitsu RX200S7でFusion-io ioDrive Duo

| Fujitsu RX200S7でFusion-io ioDrive Duo - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Fujitsu RX200S7でFusion-io ioDrive Duo - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Fujitsu RX200S7でFusion-io ioDrive Duo - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

PCIバスの帯域幅的にもいけそうだ!

# hdparm -t /dev/md0

/dev/md0:
 Timing buffered disk reads:  4744 MB in  3.00 seconds = 1580.78 MB/sec

# fio-pci-check

Root Bridge PCIe 8750 MB/sec needed max

      Bridge 00:02.02 (04-08)
          Needed 2000 MB/sec Avail 4000 MB/sec

            Bridge 04:00.00 (05-08)
                Needed 2000 MB/sec Avail 4000 MB/sec
              * Correctable Error(s): Detected
              * Unsupported Request(s): Detected
                Clearing Errors
                Slot Power limit: 25.0W (25000mw)

                  Bridge 05:05.00 (07-07)
                      Needed 1000 MB/sec Avail 1000 MB/sec
                    * Correctable Error(s): Detected
                    * Unsupported Request(s): Detected
                      Clearing Errors

                        ioDrive 07:00.0 (1005) Firmware 107053
                            Slot Power limit: 25.0W (25000mw)

                  Bridge 05:06.00 (08-08)
                      Needed 1000 MB/sec Avail 1000 MB/sec
                    * Correctable Error(s): Detected
                    * Unsupported Request(s): Detected
                      Clearing Errors

                        ioDrive 08:00.0 (1005) Firmware 107053
                            Slot Power limit: 25.0W (25000mw)
トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20120630

2012/06/07

Fusion-io ioDriveのiomemory-vslパッケージのRPMを作る

| Fusion-io ioDriveのiomemory-vslパッケージのRPMを作る - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Fusion-io ioDriveのiomemory-vslパッケージのRPMを作る - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Fusion-io ioDriveのiomemory-vslパッケージのRPMを作る - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント


Fusion-io社のサポートページにて、src.rpmが公開されているので、それを使う。


# uname -r
2.6.18-164.10.1.el5

例えば、こんな環境。

# rpmbuild --rebuild iomemory-vsl-2.3.10.110-1.0.src.rpm

もはや定番のコマンド。

# ll /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/
合計 3676
-rw-r--r-- 1 root root  996458  6月  7 19:37 iomemory-vsl-2.6.18-164.10.1.el5-2.3.10.110-1.0.x86_64.rpm
-rw-r--r-- 1 root root    5024  6月  7 19:37 iomemory-vsl-config-2.6.18-164.10.1.el5-2.3.10.110-1.0.x86_64.rpm
-rw-r--r-- 1 root root 2746445  6月  7 19:37 iomemory-vsl-source-2.3.10.110-1.0.x86_64.rpm

できあがり。・・・書くまでもなかったかw

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20120607

2012/06/01

Fusion-io ioDrive2を自動でアタッチ(attach)させないようにする

| Fusion-io ioDrive2を自動でアタッチ(attach)させないようにする - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Fusion-io ioDrive2を自動でアタッチ(attach)させないようにする - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Fusion-io ioDrive2を自動でアタッチ(attach)させないようにする - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

"/etc/modprobe.d/iomemory-vsl.conf" を編集して、

以下を設定すると、自動アタッチが無効になる。

options iomemory-vsl auto_attach=0
トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20120601

2012/05/31

Fusion-io ioDrive使用時、PCIスロットの速度確認

| Fusion-io ioDrive使用時、PCIスロットの速度確認 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Fusion-io ioDrive使用時、PCIスロットの速度確認 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Fusion-io ioDrive使用時、PCIスロットの速度確認 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

fio-pci-checkコマンドで。


ioDrive Duo (2.2.3 build 66)

# fio-pci-check

Root Bridge PCIe 8000 MB/sec needed max

      Bridge 00:07.00 (06-0a)
          Needed 2000 MB/sec Avail 4000 MB/sec

            Bridge 06:00.00 (07-0a)
                Needed 2000 MB/sec Avail 4000 MB/sec
                Slot Power limit: 25.0W (25000mw)

                  Bridge 07:05.00 (09-09)
                      Needed 1000 MB/sec Avail 1000 MB/sec

                        ioDrive 09:00.0 Firmware 101583
                            Slot Power limit: 25.0W (25000mw)

                  Bridge 07:06.00 (0a-0a)
                      Needed 1000 MB/sec Avail 1000 MB/sec

                        ioDrive 0a:00.0 Firmware 101583
                            Slot Power limit: 25.0W (25000mw)

ioDrive2 (3.1.1 build 172)

# fio-pci-check

Root Bridge PCIe 14000 MB/sec needed max
    ERROR: invalid link speed (value 0x0)
    ERROR: invalid link width (value 0x0)

      Bridge 00:03.00 (04-04)
          Needed 2000 MB/sec Avail 2000 MB/sec
          ERROR: invalid maximum link speed (0x3)

            ioDrive 04:00.0 Firmware 107004
                Slot Power limit: 25.0W (25000mw)

なんか足りないのか奇麗に取りきれていない・・・が。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20120531