Hatena::Grouptech

id:rx7(@namikawa)の技術メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

過去記事一覧 | Main Blog (元RX-7乗りの適当な日々) | SBM (id:rx7のBookmark)

2016/04/13

先頭がハイフン("-")のメールアドレスをPostfixで扱う

| 先頭がハイフン("-")のメールアドレスをPostfixで扱う - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 先頭がハイフン("-")のメールアドレスをPostfixで扱う - id:rx7(@namikawa)の技術メモ 先頭がハイフン("-")のメールアドレスをPostfixで扱う - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

Postfixのデフォルト設定では、下記の理由でメールアドレスの先頭がハイフンのメールを送信することが認められていない。

ので、送信しようとすると以下のエラーがログに出力される。

warning: Illegal address syntax from hostname[10.xx.xx.xx] in RCPT command: <-xxxxxx@example.com>

許容する場合は、以下の設定を main.cf に入れる。そして reload で完了。

allow_min_user = yes

allow_min_user (デフォルト: no)

受信者アドレスが最初の文字として `-' を持つことを許可します。コマンドラインでEメールアドレスを渡すソフトウェアでの事故を避けるため、デフォルトではこれを認めません。そのようなソフトウェアは悪意のあるアドレスと正しいコマンドラインオプションを区別できないでしょう。これは "--" オプションターミネータをコマンドラインに入れることで防げますが、一貫して全体に強制するのは困難です。

Postfix設定パラメータ

allow_min_user (default: no)

Allow a sender or recipient address to have `-' as the first character. By default, this is not allowed, to avoid accidents with software that passes email addresses via the command line. Such software would not be able to distinguish a malicious address from a bona fide command-line option. Although this can be prevented by inserting a "--" option terminator into the command line, this is difficult to enforce consistently and globally.

As of Postfix version 2.5, this feature is implemented by trivial-rewrite(8). With earlier versions this feature was implemented by qmgr(8) and was limited to recipient addresses only.

Postfix Configuration Parameters
トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20160413