Hatena::Grouptech

id:rx7(@namikawa)の技術メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

過去記事一覧 | Main Blog (元RX-7乗りの適当な日々) | SBM (id:rx7のBookmark)

2013/07/29

リクエストヘッダに付加されたX-Forwarded-Forを消去する

| リクエストヘッダに付加されたX-Forwarded-Forを消去する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - リクエストヘッダに付加されたX-Forwarded-Forを消去する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ リクエストヘッダに付加されたX-Forwarded-Forを消去する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

通信経路上(ロードバランサ/リバースプロキシ等)でリクエストヘッダに付加されたものを、

他のプロキシサーバ上で取り除きたい場合は、当然ながらセットされたものをヘッダから消去できる。


RequestHeader unset X-Forwarded-For

他にも、つい忘れがちだが、Header/RequestHeaderディレクティブでは、

set/unsetの他にもappend/add/echoなどもあるので、ドキュメントを参考に。


あと、Header/RequestHeaderの両者も間違えないように。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20130729