Hatena::Grouptech

id:rx7(@namikawa)の技術メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

過去記事一覧 | Main Blog (元RX-7乗りの適当な日々) | SBM (id:rx7のBookmark)

2011/03/28

Windows 7 / Vista / Server 2008 でシンボリックリンク

| Windows 7 / Vista / Server 2008 でシンボリックリンク - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Windows 7 / Vista / Server 2008 でシンボリックリンク - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Windows 7 / Vista / Server 2008 でシンボリックリンク - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

> mklink /d [link-path] [dir-path]

↑は、ターゲットがディレクトリの場合。

ファイルの場合は、"/d"オプションを付けずに実行する。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110328

2011/03/23

Redmineをバージョンアップしようとしてrake db:migrateしたら、rake aborted! (uninitialized constant ActiveSupport::Dependencies::Mutex)

| Redmineをバージョンアップしようとしてrake db:migrateしたら、rake aborted! (uninitialized constant ActiveSupport::Dependencies::Mutex) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Redmineをバージョンアップしようとしてrake db:migrateしたら、rake aborted! (uninitialized constant ActiveSupport::Dependencies::Mutex) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Redmineをバージョンアップしようとしてrake db:migrateしたら、rake aborted! (uninitialized constant ActiveSupport::Dependencies::Mutex) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

なんとかしたログ。

タイトル通り、Redmineを1.1.2へバージョンアップする際、DBのマイグレーションで↓のようなエラーが発生した。

$ RAILS_ENV=test rake db:migrate
(in /usr/local/redmine-1.1)
rake aborted!
uninitialized constant ActiveSupport::Dependencies::Mutex

色々と調べていたら、、、↓に辿りついた。

RubyGems 1.3.1 or higher is required (Rails 2.3.5 will fail with RubyGems 1.5.0 and later, stick to previous versions of RubyGems)

RedmineInstall - Redmine

むむっ。rubygemsを1.5.0より古いバージョンにせよ、とな。

# gem -v
1.6.1

まさかの管理系のrubygemsのバージョンが新しすぎて駄目フラグ・・・。

ということで、rubygemsを以前使っていた"1.3.7"までバージョンダウンした後、

"rake db:migrate"を再実行することで、問題なくDBマイグレーションできました。

(推奨としては、1.4.2のバージョンがいいかも。)


ちなみに、rubygemsのバージョンダウン手順

# gem install rubygems-update -v=1.3.7

インストールしたいバージョンを指定し、rubygems-updateをgem installする。

# gem uninstall rubygems-update

で、最新版のrubygems-updateをアンインストール(削除)

# update_rubygems

で、rubygems-updateのインストール済み最新版がインストール(アップデート)される。

と、こんな感じ。

2011/03/08

/proc/sys/vm/overcommit_memory

| /proc/sys/vm/overcommit_memory - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - /proc/sys/vm/overcommit_memory - id:rx7(@namikawa)の技術メモ /proc/sys/vm/overcommit_memory - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

via. http://docs.redhat.com/docs/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/5/html/Deployment_Guide/s3-proc-sys-vm.html

overcommit_memory — Configures the conditions under which a large memory request is accepted or denied. The following three modes are available:

0 — The kernel performs heuristic memory over commit handling by estimating the amount of memory available and failing requests that are blatantly invalid. Unfortunately, since memory is allocated using a heuristic rather than a precise algorithm, this setting can sometimes allow available memory on the system to be overloaded. This is the default setting.

1 — The kernel performs no memory over commit handling. Under this setting, the potential for memory overload is increased, but so is performance for memory intensive tasks (such as those executed by some scientific software).

2 — The kernel fails requests for memory that add up to all of swap plus the percent of physical RAM specified in /proc/sys/vm/overcommit_ratio. This setting is best for those who desire less risk of memory overcommitment. 

参考

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110308

2011/03/07

IntelのネットワークアダプタのドライバをRPMにしてアップデートを実施した

| IntelのネットワークアダプタのドライバをRPMにしてアップデートを実施した - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - IntelのネットワークアダプタのドライバをRPMにしてアップデートを実施した - id:rx7(@namikawa)の技術メモ IntelのネットワークアダプタのドライバをRPMにしてアップデートを実施した - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

FUJITSUさんのRX200S6に、CentOS5を入れて動かしていたのですが、先日ハングアップしてしまう現象があったので、ドライバのアップデートをした。

RX200はdmidecodeで確認する限り

Port Connector Information
        Internal Reference Designator: Intel 82575EB CH 1
        Internal Connector Type: None
        External Reference Designator: LAN-1/Management
        External Connector Type: RJ-45
        Port Type: Network Port

な感じで、インテル製のオンボードNICなので、下記のページから最新版のドライバをダウンロードして、rpm化してからインストールした。


ちなみに、今日時点の最新版のバージョンは2.4.13


ダウンロードして展開

# wget http://downloadmirror.intel.com/13663/eng/igb-2.4.13.tar.gz
# tar zxvf igb-2.4.13.tar.gz

ビルドしてRPMにしちゃう

# cd igb-2.4.13
# cat igb-2.4.13/igb.spec

一応、SPECファイルを確認して・・・(別に省略しても良いです)

# cp igb-2.4.13/igb.spec /usr/src/redhat/SPECS/
# cp igb-2.4.13.tar.gz /usr/src/redhat/SOURCES/

SPECファイルと展開元(ダウンロードした)のファイルをコピー(もしくは移動)。

# cd /usr/src/redhat/SPECS/
# ls
igb.spec

ちゃんとSPECファイルがあるのか確認して・・・

# rpmbuild -ba igb.spec

RPMを作ります!

# cd /usr/src/redhat/

# tree RPMS/
RPMS/
|-- noarch
`-- x86_64
    `-- igb-2.4.13-1.x86_64.rpm

2 directories, 1 file


# tree SRPMS/
SRPMS/
`-- igb-2.4.13-1.src.rpm

0 directories, 1 file

-baオプションなので、rpmとsrpmができているはず。

ドライバのインストール

# rpm -ivh igb-2.4.13-1.x86_64.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
   1:igb                    ########################################### [100%]
original pci.ids saved in /usr/local/share/igb

完成したRPMをインストールしてやれば完了。その後リブート。

元のファイルは /usr/local/share/igb あたりにあった。

インストール前

# dmesg | grep Intel

・・・省略・・・

Intel(R) Gigabit Ethernet Network Driver - version 1.3.16-k2
Copyright (c) 2007-2009 Intel Corporation.
igb 0000:01:00.0: Intel(R) Gigabit Ethernet Network Connection
igb 0000:01:00.1: Intel(R) Gigabit Ethernet Network Connection

ドライバインストール後

# dmesg | grep Intel

・・・省略・・・

Intel(R) Gigabit Ethernet Network Driver - version 2.4.13
Copyright (c) 2007-2010 Intel Corporation.
igb 0000:01:00.0: Intel(R) Gigabit Ethernet Network Connection
igb 0000:01:00.1: Intel(R) Gigabit Ethernet Network Connection

n0tsn0ts2011/03/08 10:34RSS と InterruptThrottleRate は、どんな感じで設定していますか?

rx7rx72011/03/08 14:57昨日入れたサーバでは、ネットワーク的にシビアな環境ではないので、基本デフォルト値を使っています。InterruptThrottleRateだと3(dynamic conservative)になりますねー。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110307

2011/03/02

could not find gem *** locally or in a repository / bad response Found 302 (http://gems.rubyforge.org/latest_specs.4.8)

| could not find gem *** locally or in a repository / bad response Found 302 (http://gems.rubyforge.org/latest_specs.4.8) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - could not find gem *** locally or in a repository / bad response Found 302 (http://gems.rubyforge.org/latest_specs.4.8) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ could not find gem *** locally or in a repository / bad response Found 302 (http://gems.rubyforge.org/latest_specs.4.8) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

某所にて。gemでライブラリをインストールしようと思ったら、、、全然remoteからインストールできない。

# gem install -v=0.4.2 i18n
ERROR:  could not find gem i18n locally or in a repository

とか

# gem search i18n --remote

*** REMOTE GEMS ***

ERROR:  While executing gem ... (Gem::RemoteFetcher::FetchError)
    bad response Found 302 (http://gems.rubyforge.org/latest_specs.4.8)

とか。

# gem --version
1.2.0

ちなみに、gemのバージョンは1.2.0だった。古い。

これか?ということで、gemをバージョンアップしようと試みるが、、、

よく考えたらそもそもgem経由でインストールできない状態だった。


調べてみると、いったん1.3.1にバージョンアップしてからじゃないとダメ、とな。

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/45904/rubygems-update-1.3.1.gem
# gem install rubygems-update --local

gem経由でだめなら、直接gemファイルをダウンロードしてきてインストール。これはOK。

# gem install rubygems-update
Successfully installed rubygems-update-1.6.0
1 gem installed

# update_rubygems

・・・省略・・・

これで、再度gemコマンドで、rubygems自体の最新版をインストールすればOKでした。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110302