Hatena::Grouptech

id:rx7(@namikawa)の技術メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

過去記事一覧 | Main Blog (元RX-7乗りの適当な日々) | SBM (id:rx7のBookmark)

2011/02/28

homebrewのインストール

| homebrewのインストール - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - homebrewのインストール - id:rx7(@namikawa)の技術メモ homebrewのインストール - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

ググって調べたページのコマンドではオプション不足でインストールできなかったのでメモ代わりに。

ruby -e "$(curl -fsSL https://gist.github.com/raw/323731/install_homebrew.rb)"

via. https://github.com/mxcl/homebrew

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110228

2011/02/18

mount.nfs: Input/output error

| mount.nfs: Input/output error - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - mount.nfs: Input/output error - id:rx7(@namikawa)の技術メモ mount.nfs: Input/output error - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

NFSマウントを試みるときに、下記エラーが出た場合。

# mount -a
mount.nfs: Input/output error

portmap が動いていなかった。というわけで、、、

# /etc/init.d/portmap start

で対応。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110218

2011/02/17

Linuxでハードウェア構成に関する情報を調べる

| Linuxでハードウェア構成に関する情報を調べる - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Linuxでハードウェア構成に関する情報を調べる - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Linuxでハードウェア構成に関する情報を調べる - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

dmidecodeコマンドで。

BIOSの情報や、サーバのシステム情報(各種シリアルNo.等のメタ情報、CPU、メモリ、デバイス情報とか)

kernel-utilsがインストールされていれば利用可能。

# dmidecode

# dmidecode 2.9
SMBIOS 2.5 present.
92 structures occupying 3428 bytes.
Table at 0xBF6C8000.

Handle 0x0000, DMI type 0, 24 bytes
BIOS Information
        Vendor: FUJITSU // Phoenix Technologies Ltd.
        Version: 6.00 Rev. 1.06.3031
        Release Date: 12/14/2010
        Address: 0xE4230
        Runtime Size: 114128 bytes
        ROM Size: 2048 kB
        Characteristics:
                PCI is supported
                PNP is supported
                BIOS is upgradeable
                BIOS shadowing is allowed
                ESCD support is available
                Boot from CD is supported
                Selectable boot is supported
                EDD is supported
                Print screen service is supported (int 5h)
                8042 keyboard services are supported (int 9h)
                Serial services are supported (int 14h)
                Printer services are supported (int 17h)
                CGA/mono video services are supported (int 10h)
                ACPI is supported
                USB legacy is supported
                BIOS boot specification is supported
                Targeted content distribution is supported
        BIOS Revision: 1.6

Handle 0x0001, DMI type 1, 27 bytes
System Information
        Manufacturer: FUJITSU-SV
        Product Name: PRIMERGY RX200 S6
        Version: GS01
        Serial Number: XXXXXXXXXX
        UUID: XXXXXXXX-0016-XXXX-9B9B-00XXXXXXXXXX
        Wake-up Type: Power Switch
        SKU Number: S26361-K1342-Vxx
        Family: SERVER

Handle 0x0002, DMI type 2, 15 bytes
Base Board Information
        Manufacturer: FUJITSU
        Product Name: D3031
        Version: S26361-D3031-A100-3 WGS02 G
        Serial Number: XXXXXXXX
        Asset Tag: -
        Features:
                Board is a hosting board
                Board is removable
        Location In Chassis: -
        Chassis Handle: 0x0003
        Type: Motherboard
        Contained Object Handles: 0

Handle 0x0003, DMI type 3, 21 bytes
Chassis Information
        Manufacturer: FUJITSU-SV
        Type: Rack Mount Chassis
        Lock: Not Present
        Version: RX200S6R1
        Serial Number: XXXXXXXXXX
        Asset Tag: XXXXXXXXXX
        Boot-up State: Safe
        Power Supply State: Safe
        Thermal State: Safe
        Security Status: None
        OEM Information: 0x00000000
        Height: Unspecified
        Number Of Power Cords: 2
        Contained Elements: 0

Handle 0x0004, DMI type 4, 40 bytes
Processor Information
        Socket Designation: CPU 1
        Type: Central Processor
        Family: Xeon
        Manufacturer: Intel
        ID: C2 06 02 00 FF FB EB BF
        Signature: Type 0, Family 6, Model 44, Stepping 2
        Flags:
                FPU (Floating-point unit on-chip)
                VME (Virtual mode extension)
                DE (Debugging extension)
                PSE (Page size extension)
                TSC (Time stamp counter)
                MSR (Model specific registers)
                PAE (Physical address extension)
                MCE (Machine check exception)
                CX8 (CMPXCHG8 instruction supported)
                APIC (On-chip APIC hardware supported)
                SEP (Fast system call)
                MTRR (Memory type range registers)
                PGE (Page global enable)
                MCA (Machine check architecture)
                CMOV (Conditional move instruction supported)
                PAT (Page attribute table)
                PSE-36 (36-bit page size extension)
                CLFSH (CLFLUSH instruction supported)
                DS (Debug store)
                ACPI (ACPI supported)
                MMX (MMX technology supported)
                FXSR (Fast floating-point save and restore)
                SSE (Streaming SIMD extensions)
                SSE2 (Streaming SIMD extensions 2)
                SS (Self-snoop)
                HTT (Hyper-threading technology)
                TM (Thermal monitor supported)
                PBE (Pending break enabled)
        Version: Intel(R) Xeon(R) CPU E5620
        Voltage: 0.0 V
        External Clock: Unknown
        Max Speed: 2400 MHz
        Current Speed: 2400 MHz
        Status: Populated, Enabled
        Upgrade: Other
        L1 Cache Handle: 0x0006
        L2 Cache Handle: 0x0007
        L3 Cache Handle: 0x0008
        Serial Number: Not Specified
        Asset Tag: Not Specified
        Part Number: Not Specified
        Core Count: 4
        Core Enabled: 4
        Thread Count: 8
        Characteristics:
                64-bit capable

・・・以下、長すぎるので省略・・・
トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110217

2011/02/15

Fusion-io ioDRIVE DUO (MLC 640GB)でベンチマークその1(hdparm -t)

| Fusion-io ioDRIVE DUO (MLC 640GB)でベンチマークその1(hdparm -t) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Fusion-io ioDRIVE DUO (MLC 640GB)でベンチマークその1(hdparm -t) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Fusion-io ioDRIVE DUO (MLC 640GB)でベンチマークその1(hdparm -t) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

とりあえず、"hdparm -t"で簡易的に3回繰り返す感じで実行。

# hdparm -t /dev/md0

/dev/md0:
 Timing buffered disk reads:  3870 MB in  3.00 seconds = 1289.98 MB/sec

# hdparm -t /dev/md0

/dev/md0:
 Timing buffered disk reads:  3976 MB in  3.00 seconds = 1325.24 MB/sec

# hdparm -t /dev/md0

/dev/md0:
 Timing buffered disk reads:  3760 MB in  3.00 seconds = 1252.90 MB/sec

速い。激速ですな。

もうちょっと、色々やってみる予定です。

n0tsn0ts2011/02/15 22:45大きいファイルを dd したり、MySQL なベンチマーク結果が見たいです!空き容量が少ないとき、どの程度落ち込むかも興味あります!
あと、カードのヘルスチェック機能なども気になります!

rx7rx72011/02/18 00:56コメントありがとうございます!
実は、もう既にちょこちょこではありますけど、簡易なMySQLベンチマークとかはとってたりするのですが、微妙にサーバごとに違いがあったりして、その辺も色々と調べていきたいと思っています。
いずれにせよ、片手間で空いている時間とかにやっているので、あまり進んでいませんが、またちょこちょこ、こんな感じで記録を残していきますねー。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110215

2011/02/14

メモリのパリティエラー

| メモリのパリティエラー - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - メモリのパリティエラー - id:rx7(@namikawa)の技術メモ メモリのパリティエラー - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

サーバが以下のエラーを残しOSストール。

kernel: Uhhuh. NMI received for unknown reason b0.
kernel: You probably have a hardware problem with your RAM chips
kernel: Dazed and confused, but trying to continue

該当サーバにはECCメモリを積んでいたので、おそらく2つ以上のエラーが発生し、NMI(Non-maskable Interrupt)が検出したということか。

"trying to continue"と書いてあるが、実際は2分後くらいにRebootしてしまった。

とりあえず、メモリは交換してmemtest行きですな・・・。


参考

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110214

2011/02/11

innodb_flush_log_at_trx_commit

| innodb_flush_log_at_trx_commit - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - innodb_flush_log_at_trx_commit - id:rx7(@namikawa)の技術メモ innodb_flush_log_at_trx_commit - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

設定値       ログバッファ→ログファイル  ディスクフラッシュ
======================================================================
0            毎秒                        毎秒
1 (初期値)   COMMIT時                    COMMIT時
2            COMMIT時                    毎秒

innodb_flush_log_at_trx_commit が0に設定された時は、ログ バッファは1秒に一回ログ ファイルに書き込まれ、ディスク操作へのフラッシュはログ ファイル上で行われますが、トランザクション コミットの際には何も行われません。この値が1(デフォルト)の時は、ログ ファイルは各トランザクション コミットの時にログ ファイルに書き込まれ、ディスク操作へのフラッシュはログ ファイル上で行われます。2に設定された時は、ログ バッファはコミット毎にファイルに書き込まれますが、ディスク操作へのフラッシュはそこでは行われません。しかし、値が2の時もログ ファイル上でのフラッシュは1秒に1回行われます。1秒に1回のフラッシュは、処理スケジュールの発行の為100% 保証された物ではないという事に注意してください。

この変数のデフォルト値は1です。これは ACID 整合性に要求されている値です。より良い性能の為に1以外の値を設定する事もできますが、その場合1つのクラッシュの中で最大1秒分のトランザクションを失う可能性があります。もし値を0に設定すると、全ての mysqld プロセス クラッシュは最後の秒のトランザクションを消す場合があります。もし値を2に設定すると、OS のクラッシュか停電によって、最後の秒のトランザクションが消されてしまいます。 しかし、InnoDB のクラッシュ復旧は影響を受けないので、値に関係なくクラッシュ復旧は行われます。多くの OS といくつかのディスク ハードウェアはディスクへのフラッシュ操作を欺く事があると覚えておいてください。それらはフラッシュが行われていなくても、行われたと mysqld に伝える可能性があります。1の設定がしてあってもトランザクションの耐久力が保証されないという事になり、さらに悪い事に、停電によって InnoDB データベースが破損する可能性もあります。SCSI ディスク コントローラ内やディスク自体の中での、バッテリーに頼っているディスク キャッシュの利用はファイル フラッシュのスピートを上げ、操作を安全に行う事ができます。ハードウェア キャッシュ内でディスク書き込みのキャッシュを無効にする為に、Unix コマンド hdparm を利用してみたり、ハードウェア ベンダに対しての特定の別のコマンドを利用したりもできます。

注意:InnoDB とトランザクションを共に利用して複製設定内で最大の耐久力と一貫性を得る為に、お使いのマスタ サーバ my.cnf 内で innodb_flush_log_at_trx_commit=1 と sync_binlog=1 を利用しなければいけません。

MySQL :: MySQL 5.6 リファレンスマニュアル :: 14.12 InnoDB の起動オプションおよびシステム変数

1以外は危険ということだな。

1にしておけば、最悪OSクラッシュを招いても、ディスク上のログファイルにフラッシュされているということか。

(ログから復元できる、と。)


確認

mysql> show variables like 'innodb_flush_log_at_trx_commit';
+--------------------------------+-------+
| Variable_name                  | Value |
+--------------------------------+-------+
| innodb_flush_log_at_trx_commit | 1     |
+--------------------------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

設定

mysql> set global innodb_flush_log_at_trx_commit = 2;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110211

2011/02/09

"virsh console"実行時に「error: Failed to get local hostname」

| "virsh console"実行時に「error: Failed to get local hostname」 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - "virsh console"実行時に「error: Failed to get local hostname」 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ "virsh console"実行時に「error: Failed to get local hostname」 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

# virsh console vm-name
error: Failed to get local hostname

"/etc/hosts"に物理ホストのhostnameを追記したらエラーが解消された。

127.0.0.1    localhost.localdomain localhost hostname-dayo

こんな感じで。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110209

2011/02/08

DHCPを利用するネットワークインターフェースを指定する

| DHCPを利用するネットワークインターフェースを指定する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - DHCPを利用するネットワークインターフェースを指定する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ DHCPを利用するネットワークインターフェースを指定する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

"/etc/sysconfig/dhcpd"に以下のような感じで指定する。

# cat /etc/sysconfig/dhcpd
DHCPDARGS=eth1

複数のインターフェースを指定するときは、

DHCPDARGS="eth1 eth2"

な感じで。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20110208