Hatena::Grouptech

id:rx7(@namikawa)の技術メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

過去記事一覧 | Main Blog (元RX-7乗りの適当な日々) | SBM (id:rx7のBookmark)

2010/12/09

VMware vSphere CLIを使ってリモート操作 (vmware-cmd編その1)

| VMware vSphere CLIを使ってリモート操作 (vmware-cmd編その1) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - VMware vSphere CLIを使ってリモート操作 (vmware-cmd編その1) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ VMware vSphere CLIを使ってリモート操作 (vmware-cmd編その1) - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

CLIをインストールしたリモートのサーバからコマンドを発行して、vCenter Serverの仮想マシン(VM)を制御する。

"--server"はvCenterのIPアドレス、"--vihost"はホスト(ノード)のIPアドレス、って感じ。ちなみに"--password"でパスワードも指定できる。

# ちなみに、vmware-cmdは、下記以外にも、もっと色々な操作が可能。おいおい書いていきます。

Config(.vmx, .vmtx)のパスを確認する

# vmware-cmd --server 10.255.xxx.xxx --username Administrator --vihost 10.255.yyy.yyy -l
Enter password:


/vmfs/volumes/4cfcxxxx-ba2cxxxx-64xx-00xxxx06xxxx/template_xxxx/template_n.vmtx
/vmfs/volumes/4cfcxxxx-ba2cxxxx-64xx-00xxxx06xxxx/test01/test01.vmx

仮想マシンを起動する

# vmware-cmd '/vmfs/volumes/4cfcxxxx-ba2cxxxx-64xx-00xxxx06xxxx/test01/test01.vmx' start --server 10.255.xxx.xxx --username Administrator --vihost 10.255.yyy.yyy
Enter password:
start() = 1

仮想マシンのuptimeを確認する

# vmware-cmd '/vmfs/volumes/4cfcxxxx-ba2cxxxx-64xx-00xxxx06xxxx/test01/test01.vmx' getuptime --server 10.255.xxx.xxx --username Administrator --vihost 10.255.yyy.yyy
Enter password:
getuptime() = 2340

仮想マシンを停止する(ゲストのシャットダウン)

# vmware-cmd '/vmfs/volumes/4cfcxxxx-ba2cxxxx-64xx-00xxxx06xxxx/test01/test01.vmx' stop soft --server 10.255.xxx.xxx --username Administrator --vihost 10.255.yyy.yyy
Enter password:
stop() = 1

参考

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20101209