Hatena::Grouptech

id:rx7(@namikawa)の技術メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

過去記事一覧 | Main Blog (元RX-7乗りの適当な日々) | SBM (id:rx7のBookmark)

2010/10/25

KVMでホストマシンや仮想マシン(VM)の情報を確認する

| KVMでホストマシンや仮想マシン(VM)の情報を確認する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - KVMでホストマシンや仮想マシン(VM)の情報を確認する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ KVMでホストマシンや仮想マシン(VM)の情報を確認する - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

ホストノードの情報を確認

# virsh nodeinfo
CPU モデル:       x86_64
CPU:                 4
CPU 周波数:       2333 MHz
CPU ソケット:    1
ソケットあたりのコア数: 4
コアあたりのスレッド数: 1
NUMA セル:         1
メモリーサイズ: 24666436 kB

仮想ノードの情報を確認

# virsh dominfo guest-vm-name
Id:             3
名前:         guest-vm-name
UUID:           xxxxc36e-2fxx-90xx-3exx-4f83dd34xxxx
OS タイプ:   hvm
状態:         実行中
CPU:            2
CPU 時間:     591.6s
最大メモリー: 2097152 kB
使用メモリー: 2097152 kB
自動起動:   無効にする
トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20101025

2010/10/24

KVMでゲストOSイメージ(VM)のコピー作成

| KVMでゲストOSイメージ(VM)のコピー作成 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - KVMでゲストOSイメージ(VM)のコピー作成 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ KVMでゲストOSイメージ(VM)のコピー作成 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

# virt-clone --original src_vm_name --name dst_vm_name --file /var/lib/libvirt/images/dst_vm_name.img

コピー後のVMのmacアドレスは勝手に書き換わっていた。

自分で指定したいときは、"--mac"オプションを使う。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20101024

2010/10/23

CentOSでRAMディスクの作成

| CentOSでRAMディスクの作成 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - CentOSでRAMディスクの作成 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ CentOSでRAMディスクの作成 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

いつも忘れる。

# mkdir /mnt/ram
# mount -t tmpfs -o size={容量} /dev/shm /mnt/ram

↑の{容量}の部分で、2GB確保したい場合は、"2g"とかを入れておけばOK。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20101023

2010/10/18

mode=4(802.3ad(LACP))のbonding動作確認

| mode=4(802.3ad(LACP))のbonding動作確認 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - mode=4(802.3ad(LACP))のbonding動作確認 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ mode=4(802.3ad(LACP))のbonding動作確認 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

"/proc/net/bonding/bond0"を確認する。

"802.3ad info"の"Partner Mac Address"が00:00:00:00:00:00とかだと、スイッチの設定からおかしいかも。

$ cat /proc/net/bonding/bond0
Ethernet Channel Bonding Driver: v3.4.0 (October 7, 2008)

Bonding Mode: IEEE 802.3ad Dynamic link aggregation
Transmit Hash Policy: layer2 (0)
MII Status: up
MII Polling Interval (ms): 200
Up Delay (ms): 0
Down Delay (ms): 0

802.3ad info
LACP rate: fast
Active Aggregator Info:
        Aggregator ID: 1
        Number of ports: 2
        Actor Key: 9
        Partner Key: 2
        Partner Mac Address: xx:xx:xx:xx:40:c6

Slave Interface: eth0
MII Status: up
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: xx:xx:xx:xx:3f:f0
Aggregator ID: 1

Slave Interface: eth1
MII Status: up
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: xx:xx:xx:xx:3f:f1
Aggregator ID: 1

参考

bondingのmodeとかは、以下リンク先が詳しい。

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20101018

2010/10/13

Chefでローカルにあるファイルのコピーを行いたい場合

| Chefでローカルにあるファイルのコピーを行いたい場合 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Chefでローカルにあるファイルのコピーを行いたい場合 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ Chefでローカルにあるファイルのコピーを行いたい場合 - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

Chefでローカルマシン内に既にあるファイルとかをコピーして別の場所に配置したい場合、

executeやscriptを使ってコマンドを書くしかないとばかり思っていたのだが、

"file" resource の "content" attribute が使えることに気付いた。recipeには以下のような感じで。

file "/tmp/example.txt" do
  content IO.read("/etc/hosts")
end

参考

トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20101013

2010/10/04

chef-client実行時にエラー "Unable to determine node name: configure node_name or configure the system's hostname and fqdn"

|  chef-client実行時にエラー "Unable to determine node name: configure node_name or configure the system's hostname and fqdn" - id:rx7(@namikawa)の技術メモ を含むブックマーク はてなブックマーク -  chef-client実行時にエラー "Unable to determine node name: configure node_name or configure the system's hostname and fqdn" - id:rx7(@namikawa)の技術メモ  chef-client実行時にエラー "Unable to determine node name: configure node_name or configure the system's hostname and fqdn" - id:rx7(@namikawa)の技術メモ のブックマークコメント

ログ的に。

$ sudo chef-client

~~~省略~~~

/usr/lib64/ruby/gems/1.8/gems/chef-0.9.8/bin/../lib/chef/client.rb:154:in `node_name': Unable to determine node name: configure node_name or configure the system's hostname and fqdn (Chef::Exceptions::CannotDetermineNodeName)

~~~省略~~~

"/usr/lib64/ruby/gems/1.8/gems/chef-0.9.8/lib/chef/client.rb" の該当行付近を確認する。

def node_name
  name = Chef::Config[:node_name] || ohai[:fqdn] || ohai[:hostname]
  Chef::Config[:node_name] = name

  unless name
    msg = "Unable to determine node name: configure node_name or configure the system's hostname and fqdn"
    raise Chef::Exceptions::CannotDetermineNodeName, msg
  end

  name
end

ふむふむ。

・・・ということで、"/etc/chef/client.rb"に、以下のような感じで、

hostname(もしくはFQDN)を追記して再実行すればOKになった。

node_name       "hostname-dayo"
トラックバック - http://tech.g.hatena.ne.jp/rx7/20101004